.

自動車に乗っているあなたでしたらご存知だとは思いますが自動車税という税金の納税義務があります。それで自動車税は手放す車の売却の際に当たり前に返還される税金なのです。これって実行してみるとすぐ頭に入ってくると思いますがでは順を追って案内したいと思いますあえて説明をしておけば国産で生産されている車だけでなく海外の車などでも税金が還ってくる対象になっています。当然所有車なども当てはまります。自動車税という税金は車のオーナーが支払わなければならないお金なのですがこれは自動車の排気量の大小によって規定されています。1リッターより低いのであれば29500円1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円。これ以上は500cc毎に5000円ずつ増加します。それからこの税金は4月1日現在ので車を所有している人がその年度のお金を払う義務となっています。つまりは先払いということですから、勿論クルマを売却して、所有権がなくなった場合には前払いした分の自動車税は戻ってくるんです。税は事前納付でその年度の全額を支払うのでその翌年3月までの間に車を手放した際は新たな所有者が自動車税を支払わなければいけないということになります。買取先が買取専門店ならば、買い取り時に先払いしている分の税金を返してくれます。要は、所有権が移った際からの税は新たなオーナーが支払い義務を負います。自分が10月に自動車を手放したのであれば、11月以降翌年3月いっぱいまでの税金は返還されます。というのも、前述の通り自動車税という税金は前払いであるという事実からも明らかです。まとめるとあなたは売却相手に払いすぎたお金を返還してもらうということになります。業者を介さずに車を手放すときに意外にこのようなことに気付かない方が見受けられるのでしっかり忘れないようにしましょう。自動車税という税金はクルマを売った際に返金されるということを意外に知られていないからと言ってその状況を悪用している悪質業者もいるのです。こちらから自動車税についての話題を出さなければ、一切税金のことについて説明しないということも結構見受けられます。なので自動車の買取をする場合は、税金が返金されるのかどうかを確認することを忘れないようにする必要があります。

Copyright (c) 2000 www.letskaleid.com All Rights Reserved.